« "左"に問題アリの続き | トップページ | リンケージ周りのメンテ »

2009年7月 9日 (木)

966 HAYA-BUSA仕様公開

HAYA-BUSA RACING特製、64チタン+DLCコート2スピードシャフトお買い上げの皆様、マコトにありがとうございマス。m(_ _)m

Dsc01734

本家HPのSHOPにてご注文承ってオリマス。m(__)m

 

1日降ったり止んだりの蒸し暑~イ日でシタ。(-_-#)

 

昔の1/8は良かった・・・と思っているシトはワタクシだけではありますマイ。(^^;)

今でもベクターや古いMRXをサーキットに持ち込んで遊ぶシトを時折? お見かけしますがナ、想像以上にイー走りをするので驚きますナー。\(^o^)/

最大の理由はステアリングサーボのオシリがラジオプレート上に突き出したあのスタイル・・・

クランク(セイバー)を介すことナク、セイバー一体のサーボホーンでステアリングを切る形。ステアリングのダイレクト感ではコチラのホーが現在のレイダウンスタイルよりも一枚も二枚も上デスし、リンクのイタズラ煩わされるコトもナク。(^^)v

 

今のサーボの性能から言えば、当時のセイバーは弱スギ!! ですし、車の前方、しかも高い位置にサーボの重心が来るワケで、コーナリング限界はチョびっと劣る? カモ??

シカーシ!!

荷重移動が掴み易く、操縦は楽だったかと。

 

 

VETEQやVECTOR 2000(つまりNT)で先鞭付けてシマッタ!? レイダウンシステムも"低重心化"や"マスの集中化"にてコーナリング限界を引き上げる効果を上げているワケですがナ、ワタクシは今コソ声を大にして言いたい。

 

再び立ち上がる時が来た!! と。\(^O^)/

966_assy

966_assy5

966_assy_2

いかがデスかナ?

ワタクシはこのCAD図を作ってシマッタ!? 時の最初の印象はスーパーキャリヤ(空母ネ)の甲板みたい? と。(^^;)

 

"低重心"では僅かにデメリット(ホントに僅かデス)が有るものの、よりセンターに乗せるコトが出来たので"マスの集中"グワイはかなり大きいデス。(^^)v

セイバーの軸とサーボの軸が平行デス。ユエにレイダウンのヨーに軸に捩れが無いタメにリンケージのイタズラが生じることナク、理論上ダイレクト搭載と同じ動きをしマス。 \(^O^)/

 

966用デスが、960にも使えますナ。同じデスからネ。

ラジオプレートはモチロン、セイバーのクランクにも小物部品を追加しておりマス。ユエにクランクとホーンはいつでも平行を維持しておりマス。(^^)v

手前ミソながら? チョビッと? 大いに!! 期待しているのデスがネ~。

いかがなもんでショ???

|

« "左"に問題アリの続き | トップページ | リンケージ周りのメンテ »

1/8」カテゴリの記事

966」カテゴリの記事

オリジナルパーツ」カテゴリの記事

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

薄型サーボならレイダウンしなくても低重心が確保できそうですが、1/8のステアリングにはちと荷が重そうですね。
ttp://www.hobbynet-jp.com/japan/main/main-servo-L.asp
でもこ、こいら辺りならエンコンくらいなら何とかなりそうな気がする~♪
SC-1257TGをGPTに使っていますが、チタンギアで慣性が少ないせいか、SANWAのRZとくらべても早い上にオーバーシュートもありません。

投稿: tk | 2009年7月 9日 (木) 23時21分

tkさんワンバンコ。

貴重な情報サンクス!!

いずれはサーボの性能向上が小型化に向かい、GP用ロープロサーボが開発された暁にはGPカーデザインの変革期が来る・・・と? 思っているのデスがナー。(^^)v

少なくともスパーダならばロープロ使わない手はないですし、GPTも、もうそろソロ・・・(^^ゞ

投稿: HAYA | 2009年7月10日 (金) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209509/45584669

この記事へのトラックバック一覧です: 966 HAYA-BUSA仕様公開:

« "左"に問題アリの続き | トップページ | リンケージ周りのメンテ »