« コレクションその1 | トップページ | 来月はFUTABA/O.S.グランプリ »

2012年8月18日 (土)

コレクションその2

MTX5用シャーシ

前後カバーの装着で最強伝説の始まり? <(`^´)>エッヘン

Dsc05032_2

出来まシタ!! \(^o^)/

本家HPのSHOPにて発売中デス。<(_ _)>

 

荒れた天気の予報? だったのデスが・・・(^^;

 

コチラは時折パラパラッ? とくる程度でございまシタ。

 

 

IMPACTのレア度はそれホドは高くない? のデスが、コチラは・・・

スデにワタクシの宝物デス。<(`^´)>エッヘン

Dsc05514

PICCOのGENESIS \(^o^)/

モチロンの1/8。

PICCOとは今でこそエンジン専門メーカーになってシマッタ!? あのPICCO。

 

デビューは確か1993年のスウェーデン大会のハズ?

当時のワークスはアルベルト・ピコはモチロン、先のGPTのフロリダ大会でチャンピオンとなったラルフ・バーチとマイク・スウェーガーらだったかと。

ライバルはコラーリ擁するBMT(最盛期)とサルベンのSerpent(エクセル)、シグマ、PBなどナド・・・

 

特徴的なのがナンと言ってもの金属サスアームとバルク。(^^)v

ノーマルサスはダイキャストのハズ? ですが、前後上下ともアルミ鍛造のヨーで・・・

当時のワークスカーと同じ仕様かと。

シグマも金属サスだったカモ? 希少性はサラに高い車なので現車を見たことは無いデスが。

 

黒いラジオプレートは一見カーボン風? デスが、アルミ製。カーボンが一般的になるにはモー少し後のハナシですかナ。

 

フロントサス

Dsc05515

クゥーーー!! 泣かせるー!! (T^T)

スプリング分かりますかナ? ちょっと交換はメンドー。

 

ワンウェイはホイール内に装着

Dsc05518

 

リヤ

Dsc05516

ダンパーが逆さなのがミソ? 標準取り付けデス。

スプリングはフロントと同じ構造なので・・・

キャンバーは調整出来マスが、トーインは固定。

 

エンジン

Dsc05517

アウターヘッドは外れてマスが、6本ヘッドボルトが当時のPICCOの証し。<(`^´)>エッヘン

圧縮も有り、マフラーも当時のモノ(新品)を貰ってシマッタ!? ので、ホンの少し手を入れてやれば当時のサウンドで爆走可能デス。

|

« コレクションその1 | トップページ | 来月はFUTABA/O.S.グランプリ »

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209509/55454263

この記事へのトラックバック一覧です: コレクションその2:

« コレクションその1 | トップページ | 来月はFUTABA/O.S.グランプリ »