« コレクション ENG.編その1 | トップページ | コレクション ENG.編 2 »

2012年9月11日 (火)

VECO 19 McCOY

MTX5用アルミロングブレーキレバー

Dsc04904

デケた!! \(^o^)/

 

曇り・・・ただいま降っておりマス。(^ ^)

最小得失点ながら勝ちましたナー。ザックジャパン。\(^o^)/

香川クンが出られなくなってシマッタ!? のは残念でシタが勝ちは勝ち。(^。^;)ホッ

 

バラしてみますかネ。コレ。

Dsc05611

VECO 19の!? McCOYチューン。( ̄▽ ̄) ニヤリ

 

ヂツはネ?

別にバレているのがスデに。

Dsc05615

ヘッドが少し違う(径が少し大きくて下の部分がショート)のデスが、当時のMcCOYの広告にはコチラのヘッドが乗っているので間違い無いでショー。

 

ナニはともあれシリンダー?

Dsc05616_2

現在の9ポート? が裸足で逃げ出しマス。<(`^´)>エッヘン

 

掃気ポート正面

Dsc05618

左右のポートは下からL字にグイッと

 

排気ポート正面

Dsc05620

4連チャンでガバッと

 

材質は鉄デス。内面はクロームメッキのヨーで。

今現在のスリーブはテーパー状になってて上がすぼまっていますがネ、コレは下から上までスポッて? ストレートですナー。(∵`)

 

ピストンがマタ・・・

Dsc05622

サイドにはヂツに大胆な切り欠き。(°д°)

 

上面にはこんな工夫

Dsc05626

掃気が排気ポートに直接流れてしまわないヨーに、ヘッド方向に流すタメの仕切り。

モチロン!! ヘッドにも逃げがありマス。

Dsc05624

珍しい!! デスがネ、ヂツは排気チャンバーの効能がよく分かっていなかった時代の古い2stエンジン(ラジ用ではありません)には見られた手ではありマス。ウンチク。

マー、排気チャンバーの歴史は1960年ごろに東ドイツの二輪メーカー、MZが最初に発見した? と言われてまして、思ったよりは古くはナク。ちなみに当時のライダーはデグナーカーブで有名? な、あのデグナー。

ラジにチャンバーが導入されるのはもっと後のハナシ。ネ?

そうソー、フィラメントのトコロがブリッジとなっているこのプラグ(ターボではありません)は・・・確か有名だったヨーな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?

 

クランクも

Dsc05627

軸(Φ12mm)のトコロに斜めにミゾが彫ってあるのが見えますかナ?

螺旋状になっているのデスがネ、コレはポンプ作用によってフロントからの漏れを防ぐタメの工夫。

 

ちなみにこのエンジン・・・

Dsc05610

念のためにキャブ掃除とプラグ交換はするとして、当時のサウンド、当時のパワーで元気良く回るんぢゃないかナー?

|

« コレクション ENG.編その1 | トップページ | コレクション ENG.編 2 »

コレクション」カテゴリの記事

ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209509/55634774

この記事へのトラックバック一覧です: VECO 19 McCOY:

« コレクション ENG.編その1 | トップページ | コレクション ENG.編 2 »